自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

19-20セリエA第21節 vs ブレシア(A)

 前節の劇的勝利で公式戦3連勝としたミランが18位ブレシアのホームに乗り込む。ブレシアは一度解任したコリーニ監督を再登板させて2連勝したが以降の5試合では2ポイントしか取れていない。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200125181753j:image

 ミランはムサッキオ、チャルハノール、RRが復帰。精神状態が悪いらしいパケタが招集外。

 ブレシアバロテッリが前回対戦時に続いて出場停止。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Brescia Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Brescia 0-1 Milan | Rebic’s Goal Gives Milan the Win! | Serie A TIM

  • 流れ

 10分ブレシア、センターサークル辺りのチャンセジョールからビーゾリ。後ろ向きのビーゾリがワンタッチで横のサベッリへパス。チャルハノールが狙っていたが触れずサベッリが前進。チャルハノールが追いついて正対。チャルハノールのカバーとロムロのマークを担当することになったテオだがあっさりとロムロに裏を取られサベッリからパスを引き出される。ロムロの折り返しはブレシアの選手に合わずケシエがカット。

 13分ミランロマニョーリから左に開いたベナセル。ベナセルからレオンへ縦パス。チスターナを背負いながら収め、強引に前を向き突破。PA深くからイブラへ折り返すがイブラがトラップ失敗。

 14分ミラン、敵陣左サイドでイブラ、テオ、ベナセルでパス交換。ベナセルからイブラへの横パスがスイッチになり、イブラ、チャルハノール、ベナセルでゴールに近づくがバランスを崩しシュートを撃てない。

 18分ミラン、自陣右サイドのコンティから縦に流し込んでレオンがチャンセジョールを背負って受け、縦に持ち出してクロス。イブラがサベッリに余裕で競り勝ってヘディングシュート。ヨロネンがセーブ。

 23分ブレシア、ネガティブトランジションでチスターナがイブラへのパスをカット。ビーゾリからトナーリ。トナーリはフリーで受け手を探し、チャルハノールとテオに気付かれずフリーでテオの裏に走り込んでいたビーゾリへロブスルーパス。しかしオフサイドオフサイドを主張する前に2人で確認せなアカンで。ホンマに。

 30分ブレシア、トナーリからベナセル‐ケシエ間を通過し、テオ‐ロマニョーリ間のロムロへ縦パス。ロムロはターンするがケシエが戻って来たので右サイドのビーゾリへ。ビーゾリはワンタッチでGK‐DF間へ鋭いクロス。アイエとデッセーナが飛び込むがシュートを撃てない。

 32分ブレシア、CK。トナーリのボールにロマニョーリを引き倒したトレグロッサが合わせるが左に外れる。

 33分ブレシア、ベナセルからテオへサイドチェンジのロングパス。テオのトラップ際を狙っていたサベッリがボールを突く。拾ったトレグロッサが運び、そのまま右サイドを並走していたサベッリへ。サベッリのクロスにファーでアイエがヘディングシュート。しかしドンナルンマがセーブ。

 39分ミラン、敵陣左サイド。ロマニョーリがテオとワンツーで寄せに来たトレグロッサの背後を取り、更にテオがロマニョーリとのワンツーで寄せに来たサベッリをかわし左サイドを突破。テオがイブラへラストパスを送るがイブラが決められない。決定機逸。

 0-0で前半終了。

 50分ブレシアミランを押し込んでトナーリからPA内のアイエへロングパス。アイエとコンティが競り合ったセカンドボールをトレグロッサがジャンピングボレーシュートも僅かにに枠の左。

 54分ブレシア、テオが自陣でボールを奪いそのまま運んで行くがネガトラでトナーリが奪い返す。トナーリはすぐにテオがいないロマニョーリの脇のスペースへ走り込むビーゾリへロブスルーパス。ビーゾリがドンナルンマと1vs1になるがドンナルンマが足でセーブ。更にこぼれているボールをサベッリが拾いトナーリへ。トナーリのミドルシュート(?)をトレグロッサが触りコースが変わってネットを揺らすがオフサイド

 57分ミラン、レオンに代えてレビッチ。

 58分ブレシア、チャンセジョールが自陣でイブラのプレスを受けるが冷静にかわして左足でアイエへ縦パス。アイエが収めて中へ運び、PA右のトレグロッサへ。トレグロッサは少しカットインしシュートもドンナルンマがキャッチ。

 直後にはロマニョーリからテオへのパスのトラップ際をサベッリが狙ってボールを突く。ビーゾリが拾い、サベッリ、トレグロッサと繋ぐ。トレグロッサが再びカットインからミドルシュート。しかしここもドンナルンマが防ぐ。

 63分ミラン、チャルハノールのミドルシュートが右ポストにかする。

 69分ブレシア、デッセーナに代えてエンドイ。

 70分ミランゴールキックからケアー、コンティと繋ぎ、フリーのコンティから最前線のレビッチへロングパス。レビッチは胸でサムカスに落とし、ケシエ、チャルハノールと繋がる。チャルハノールはマテユの背後を狙うイブラへスルーパス。イブラの折り返しはサムカスが合わせきれず、チャンセジョールが少し触ったボールをレビッチがゴールへ蹴り込みミランが先制。レビッチは途中出場2試合連発。

 74分ブレシア、敵陣右サイド。サベッリからビーゾリへ近距離の縦パス。ビーゾリが左足ワンタッチでトレグロッサへ斜めに入れ、トレグロッサがスルーしたところにロムロが走り込みクロス。アイエが触れずケアーがブロックするが、こぼれ球をエンドイがシュート。しかしドンナルンマがセーブ。

 76分ミラン、チャルハノールに代えてクルニッチ。そのまま4-4-2継続。

 77分ブレシア、アイエに代えてドンナルンマ。

 82分ミラン、敵陣でテオが中へ運びパスを出すがトナーリに引っかかる。セカンドボールをエンドイが拾うがケシエが奪い返しレビッチへ。レビッチはキープしてテオへ。テオはヒールでケシエへ。ケシエがワンタッチでゴール前のイブラへ。イブラに当たったこぼれ球をサムカスが蹴り込みネットを揺らすがオフサイド

 85分ミラン、自陣左サイドからのトナーリのクロスをテオがカットしクルニッチへ渡す。クルニッチはターンして降りてきたイブラへ。イブラがワンタッチでテオに落とすと、テオがビーゾリをかわし一気にPAまで運びシュート。惜しくもバー直撃。

 87分ブレシア、ビーゾリに代えてスクラブ。冬の新加入がデビュー。スクラブがOH、ロムロがRIH。

 0-1で試合終了。ミランが公式戦4連勝を飾った。

 

 前節同様、ドンナルンマ神が好セーブ連発しなければ負けてもおかしくない試合を勝ちきった。今日のもイブラ神効果なんですか?

 テオの周辺を崩されまくった。トレグロッサ、ビーゾリ、サベッリの右寄りの選手達に加え、ロムロとトナーリも絡みオーバーロード状態を作り出された。ゴール前にバロテッリがいなくて助かったと心底ホッとした。

 攻撃では前半は前節に比べれば相手の弱いエリア(IH‐SB‐CB間)を崩すことが出来た。イブラへのロングボールは減った。レオンの高い個人技には改めて感嘆した。後半は得点場面以外は遅攻でゴールに迫れなかった。

 イブラが降りてゲームメイク、チャンスメイクに絡むのが少ないのは、イブラが前線にいないと点取る人がいないからなのか?だったら1回だけでいいからピョンテクと一緒に使ったらどうなるか見せてほしい(←ピョンテクを諦めないおじさん登場)。1回だけでいいから!本当に1回だけでいいから!押しに弱いピオーリであれ!

 クルニッチを入れて4-5-1にする可能性があったが4-4-2(1-1)の守備陣形は弄らなかった。トナーリと運べる2CBにより広いスペースを与えるのを嫌ったのか、サベッリの攻撃参加に対するレビッチの守備が不安なのか。守備不安から前節の様に点が欲しい状況以外ではレオンとレビッチの共存は考えていないかもしれない。攻撃と守備のバランスって本当に難しいねえ。

 CBはロマニョーリとムサッキオが2人とも累積リーチで2人同時に出場停止になったら大変だから、一先ずロマニョーリが出場停止になるまでケアーで行くのかな?ケアーが退場しそうだったけど(笑)

 次は水曜日の早朝にコッパ・イタリア準々決勝トリノ戦。

 

 18位とは思えないほど強かった。

 2トップとロムロで2CBと2DHをケア。

 ネガトラでチスターナがイブラを抑えていたのが印象的。

 チスターナ、チャンセジョールの高いビルドアップ能力。

 サベッリは個人残留がありそうな活躍をここまで見せていると思う。今節は守備のミスがあったが攻撃面での貢献度が高い。カリアリはシステムも同じだしハマりそう。

 トナーリは単純にキック精度が高いのに加えてパスコースを見つけるのも早い。自分で運びながらでもそれが出来るのも良い。展開を作るよりは急所を刺す方を好む。

 トレグロッサは相変わらず男前。コリーニ監督再登板から調子良さげ。

 魅力的な選手が多いので残留目指して頑張ってください。陰ながら応援しています。

 

  • 主審 Paolo Valeri

 マテユにはカード出すべきだと思ったが全体的にはまあまあ良かった。

 

  • ボヤキ

 ボリーニが卒業。カルダーラが脱退。で合ってる?