自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

PSM2試合目 vs モデナ

プロ・セスト戦後からモデナ戦までの流れ

 プロ・セスト戦の翌日にモナコからフォデ・バロ−トゥーレを獲得。24-25シーズンまでの契約。報道されている移籍金は€4m+ボーナス0.5m。プレー集を見る限り、テオのバックアップとしてプレースタイルは合っていそう。

 ブラヒムを€3mの有償買取オプション付2年ローンで獲得。買取額は€22m。また、レアル・マドリーには買い戻しオプションがあり、額は€27m。そして、背番号は10。

 アウェイユニフォーム発表。シンプル。白い。

 ブラヒムもロッソネロヘアーに。

 トリノにローンバックしていたメイテがベンフィカへ移籍。

 モデナ戦のウォーミングアップでは、火曜日に咽頭癌を患っていることが発表されたCEOのガジディスへのメッセージ入りシャツを着用。

 

モデナ戦メンバー

f:id:incursore:20210725125721j:image

 サレマが復帰。バロ−トゥーレがデビュー。イブラ、カラブリア、ポベガ、プリッツァーリが欠場。カラブリアは練習に復帰済み。

 

映像

ハイライト


www.youtube.com

 

雑感

 てっきりYouTubeアーカイブが残ると思っていたら、公式アプリでのライブ配信しかなかったので観れず。

 プロ・セストと同じくモデナもセリエCのチーム。

 前半の主力組は序盤からゴールラッシュ。復帰したブラヒムもすぐに攻撃の中心として躍動。クルニッチ、レオンと流動的にポジションを変えていたように見えた。

 一方で、得点を奪えなかった後半のメンバーは残念。

 

 ここからはジルー、メニャン、レビッチが合流し、次の土曜日にはリーグ・アンのニースとアウェイで対戦。ニースは開幕1週間前なので、これまでの2試合とは異なる強度の試合ができそうだ。