自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

19-20セリエA第38節 vs カリアリ(H)

 遂に最終節。中2日で13位カリアリ戦。前半戦は台風の目になったが、勢いが途切れるとマランは解任され再開後からゼンガが指揮を執っている。8戦勝ちなしだったが前節はユヴェントスに10シーズンぶりの勝利。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200802083722j:image

 ミランはレビッチが出場停止。クルニッチが筋肉トラブルで欠場。引き続きロマニョーリ、コンティ、ムサッキオが負傷欠場。

 カリアリはログが出場停止。ナインゴラン、ジョアン・ペドロ、ルカ・ペッレグリーニ、ラガツ、オリヴァが負傷欠場。

 

  • スタッツ&控えメンバー  

Fixtures and Results | Season 2019-20 | 38ª Match Day | Lega Serie A

  • ハイライト


Milan 3-0 Cagliari | Zlatan Scores on Final Day Win for Milan | Serie A TIM

 

 序盤から攻め込み9分にクラヴァンのOGで先制。その後もサムカス、イブラ、レオンが惜しい場面を作るが決められない。35分にケアーが釣り出されたスペースを使われピンチになりかけたが事なきを得る。43分にハンドでPKを獲得するがイブラのシュートはクラーニョがビッグセーブ。前節に続いて追加点を奪えずに前半終了。

 後半も前半の勢いを失わずに入ると、54分にテオのインターセプトから最後はイブラが強烈なシュートを対角にブチ込みようやく追加点。さらに56分にはイブラのインターセプトからサムカスが決めて3-0。その後はダニエル・マルディーニ、ブレッシャニーニの若手と長期離脱明けのドゥアルテを起用しつつ危なげなく試合を終わらせた。快勝。これでカンピオナート12試合負けなしで19-20シーズン終了。お疲れ様でした。来季が本当に楽しみです。ユニフォームも久しぶりに買いたいけど、誰にするか迷う。

 この試合について特に書くことはない。レオンのポテンシャルはハンパないってことと、ブレッシャニーニが左利きってことくらい。ブレッシャニーニはプレシーズンで見た筈なのにそんな情報はインプットされていなかった。

 47分のチャルハノールの決定機逸はすごく良かった。レビッチとサレマがいないのでオフ・ザ・ボールの動きが乏しかったなかでイブラが左サイドから裏抜けを狙ったのが素晴らしいし、ガッビアのパスも良かった。

 再開前はユース上がりなので多額のキャピタルゲインを得られる故、放出濃厚だったカラブリアだが、最近はクロスの質や攻守のバランス感覚が良くなってきた。RSBの補強の噂が絶えないので放出が既定路線だろうが、買い戻しオプションか優先交渉権は付けといて良いかも。

 

 最後に。おそらく契約満了で退団するボナベンがミランでのラストゲームになった。アタランタからインテル移籍濃厚だったが急転直下でミランに加入し、安定した技術、運動量、戦術的柔軟性でどの監督からも重宝され、暗黒期を支えてくれた忘れてはいけない功労者。今季は昨季の大怪我から復帰したが以前ほどのキレは無くなってしまった。それでも十分セリエAでプレーできるレベルにあり、ピオーリも信頼を寄せていた。

 暗黒期を支えたイタリア人ということで個人的には契約延長してできるだけ長くミランでプレーしてほしかったが、そうならないことも理解している。古巣アタランタからオファーがあるらしいので復帰してCLで戦う姿を観たいし、サン・シーロ凱旋で拍手で迎えられるのが楽しみ。Grazie.

[http://www..com/

 

 ナンデスが頑張っていたが、流石にナインゴラン、ジョアン・ペドロの軸がいないのはきつすぎた。特にナインゴランの有無は大きい。

 試合後の様子を見る限りゼンガと選手の関係は良さそう。でも退任は濃厚っぽい。

 パヴォレッティ開幕戦以来約1年ぶりの復帰おめでとう。

 

 VARはマンガニエッロ。

 セリエA初担当。荒れるような状況じゃなかったので吹きやすい試合だった思う。悪くなかった。

19-20セリエA第37節 vs サンプドリア(A)

 中4日で15位サンプドリア戦。サンプドリアは3連勝で残留を決めた後、ジェノアとのダービーとユヴェントスに連敗中。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200730113020j:image

 ミランは引き続きロマニョーリ、コンティ、ムサッキオが負傷欠場。

 サンプドリアはトルスビーが出場停止。エクダル、シャボが負傷欠場。GKはアウデロではなくファルコーネがセリエAデビュー。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Sampdoria Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Sampdoria 1-4 Milan | Zlatan scores in either half as Milan see off Sampdoria | Serie A TIM

 

 3分に幸先良くイブラが先制点を奪う。その後もテオとレビッチに決定機が訪れるが決めきれない。サンプドリアに決定機を与えていないものの、クロスはあげられており、クアリアレッラにピンポイントで合わせられると怖いので追加点を奪えないのがもどかしい前半。

 そんな思いで後半に入ると51分にチャルハノール、57分にイブラが決めて0-3とする。その後はクアリアレッラに何度かチャンスを与えてしまうがドンナルンマが立ちはだかる。さらに77分にはマローニのPKをストップ。86分にアスキルセンにセリエA初ゴールとなるミドルシュートを決められてしまうが、91分に相手ゴールキックからレオンが決めて1-4で試合終了。再開後負けなしをキープするも、5位ローマがトリノに勝ったことで6位確定。ELストレートインならず。休みが減るー。

 

 サレマではなくカラブリアが幅を取る場面が多かった。CBとDHでビルドアップ、イブラとチャルハノールがスペースメイク、レビッチとサレマがダイアゴナルラン。良かった。

 ドンナルンマ神が2試合連続のPKストップ。凄い。2G1Aのイブラとともに年俸に相応しい活躍。

 後半頭のイブラのプレスバック。3点目のカウンターの起点になったガッビアのボール奪取。ナイスですねー。

 イブラが下がってレオンがトップに入ると思ったら、パケタとボナベンのゼロトップのような形になった。この試合の攻撃の狙いからすると妥当だが驚いた。

 前節出場停止だったべナセルが終盤にミス連発していたのが気になった。失点時のロストの前にも似たような形でロストしていた。走行距離は12km弱とよく走ったが、1試合休んだとは言えやはり疲れているのか。

 最終節は中2日でホームのカリアリ戦。レビッチが出場停止で一足先にシーズン終了。カラブリアの状態次第では、ジョアン・ペドロ対策でドゥアルテのRSB起用もあるか?順位確定で消化試合になったが、勝って再開後公式戦13試合無敗で来季に繋げよう。

 

 ディフェンシブサードでの守備強度が低かった。もっと寄せないと、詰めないと、と感じる場面があった。

 デパオリやアウジェッロのクロス精度次第では決定機を多く作れた。

 

  • 主審 Fabrizio Pasqua

 VARはマッサ。

 チャルハノールのゴールはVARがなければ誤審騒ぎだっただろうから助かりましたね。

19-20セリエA第36節 vs アタランタ(H)

 遂に最後の3試合に突入。

 中2日、中2日、中2日、中2日の連戦で2位アタランタとの再開後負けなし同士の頂上決戦。早々に来季のCL出場権を確保したアタランタは優勝の可能性を僅かに残している(ユヴェントスが3試合で2ポイント以下しか取れなかった場合なので現実的ではない)。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200725074924j:image

 ミランはテオとべナセルが出場停止、ロマニョーリ、コンティ、ムサッキオが負傷欠場。サムカスとドゥアルテが復帰。

 アタランタはイリチッチがコンディション不良で欠場。ガスペリーニ監督が前節の退席処分でベンチ入り禁止。

 

  • スタッツ&控えメンバー

Milan Atalanta live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Milan 1-1 Atalanta | Zapata Claims a Point for Atalanta after a Çalhanoğlu Worldie! | Serie A TIM

 

 五分の痛み分け。走行距離は少ないが局面毎の強度は高く、今、何故この2チームが好調なのかが感じられる試合だった。ミランとしては5位を狙うために勝ちたかったが、主力4人欠いた中でのアタランタ戦で負けなかったのはプラスに捉えたい。

 イブラへのロングボール中心の攻撃だった。前に来るアタランタに対してロングボールで前方のスペースが広いうちに攻めきりたいという狙いか。イブラが完全に競り負けることがなかった(ほぼ全勝)から成り立つ攻撃。イブラ凄い。とは言え、プレス耐性の高いべナセルがいたら繋いでプレスを剥がすことにチャレンジしていたのかもしれない。

 ドイツ時代のFK職人という肩書がもはや見る影もなかったチャルハノールはミランに来てから最高のFK。こういうの待ってたのよ。プレスバックも効いていた。

 べナセルの代役を任されたビリアはやはりデュエルとトランジションが重要な試合には向いていなかった。ドンナルンマと審判団に助けられた。

 テオの代役を任されたラクサールはビリアとは逆に自らの長所が活かしやすい試合になった。ハテブールへの迅速なアプローチと走り合いを自慢の脚力で遂行。

 ロマニョーリの代役を任されたガッビアは悪くなかった。マリノフスキーに対し厳しく行くことは出来ていた。破壊力と精度を併せ持つ左足を振らせなかったのは素晴らしい。同点時にマリノフスキーの降りる動きに少し釣られてしまい、フロイラーへの対応が後手になってしまった。残り2試合も先発して勝ちながら成長してほしい。

 PKストップのドンナルンマ神。ドゥヴァンをよく抑えたケアー。攻守にゴセンスと駆け引きし合ったサレマ。

 次節も再開後好調のサンプドリア戦。中4日空くのでまずは休んでほしい。

 

 マリノフスキーが内側でのプレーに苦労していたので、抜群のキープ力を誇るイリチッチがいたら違った試合展開にできたように感じる。ラクサールを留めるようなポジションで受けて右サイドでの収まりどころと、ハテブールかトロイがインナーラップするスペースを作り、クロスに逆サイドのゴセンスが飛び込むのが目に浮かぶ。

 ゴセンスナイスカバー。ジムシティと間違われていたけど。

 シュタロは期待しかない。ガスペリーニ戦術において不可欠なデュエルの強さに、トロイの様な持ち運びもできる。来季レギュラー掴んで2季後はステップアップだな。

 

  • 主審 Daniele Doveri

 VARはマリアーニ。

 ビリアを退場処分にせずありがとうございます。

ラングニックとの破断とピオーリとの契約延長

 

 サッスオーロ戦HTに舞い込んできたドイツからの速報。

 サッスオーロ戦終了直後の公式発表。

 

 

 半年かけて敵を作りながらも進めてきた計画をあっさりと捨てるのは理解できない決断だが、経営陣はピオーリにミランの未来を託した。

 理解できない決断と前述したが、再開後のミランを見れば、この決断は当然だ。ジャンパオロによって壊れたチームを引き取り、EL出場権獲得。テオ、べナセル、ケシエ、サムカス、サーレマーケルス、チャルハノール、レビッチら多くの選手を開化、再生させた。イブラの加入が戦術的にも、精神的にも大きかったが素晴らしい仕事を行っているに違いない。このような決断をしたからには、経営陣はピオーリを最大限サポートし、彼の希望に沿うスカッドの作成に尽力してほしい。まずは誰もが望むイブラの契約延長から。

 補強方針に関しては若手路線であることに変わりないが、レッドブル系列のショボスライ、シックからは手を引くかもしれない。ラングニックのスカウトチームがいなくともモンカダ、アルムシュタットの目利きは信頼に値する。

 ラングニック反対派で退団確実だったマルディーニも残留となるか?選手獲得交渉においてレジェンドパワーを遺憾なく発揮してほしい。

 ラングニックきっかけで最悪の別れになったボバンの復帰は?ボバンのクロアチアコネクションは魅力的なので仲直りしてほしいが難しいだろう。

 

 

 

 ラングニックのフィロソフィーをクラブに植え付け、ブレずに継続的なチーム強化を図る計画を一旦捨てたので、ここからはピオーリ次第。21‐22シーズンいっぱいまでの2年契約だが、その2シーズンは非常に重要。特に来季は今季の皺寄せを受けた過密日程でELを戦いながらCL出場を目指さなければならない。結果が出せなければ切ってまたやり直し。

 今後はテオ、べナセル、ケシエ、ドンナルンマ、ロマニョーリらの主軸をなるべく換金せず、さらなる有望若手を獲得し、戦力を保持しながらCL出場で収入を増やす。育てて売るではなく、育てて強くなるクラブへ。前回のスクデット獲得から10年、ミランの新たなサイクルが始まる。

19-20セリエA第35節 vs サッスオーロ(A)

 中2日、中2日、中2日で好調の8位サッスオーロと対戦。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200722135213j:image

 ミランは引き続きサムカス、ムサッキオ、ドゥアルテが負傷欠場。ドンナルンマが200試合出場。マルディーニの記録を塗り替えたブッフォンの記録を塗り替えるのは彼しかいない。

 ナポリはジャンマルコ・フェラーリが出場停止。デフレル、オビアング、キリケシュ、ロマーニャが負傷欠場。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Sassuolo Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Sassuolo 1-2 Milan | Zlatan Scores A Brace to Hand Milan a 2-1 Win Against Sassuolo | Serie A TIM

 

 前半はサッスオーロがポゼッション、ミランがカウンターの構図が多かった。ミランは10分にコンティが膝を痛めてカラブリアと交代するが、19分にケシエのインターセプトからチャルハノールのクロスにイブラが飛び込み先制。30分にはロマニョーリがふくらはぎを痛めてガッビアと交代。前半でHTを含む4回中2回の交代機会を使うことになった。42分にアンラッキーな形でチャルハノールがPKを献上。カプートがしっかり沈めて同点。しかし46分にカウンターからイブラがドッピエッタで勝ち越し。さらに前半終了間際にブラビアが2枚目のイエローカードで退場。1-2で折り返す。

 後半は数的優位となったミランがポゼッションで時間を進める。早めに3点目を奪って試合を纏めたいところだがコンシーリが許してくれない。サッスオーロもベラルディとカプートでチャンスを作るがケアーが立ちはだかる。スコア変わらず1-2で試合終了。ミランエミリア・ロマーニャ州中2日3連戦を3連勝で締めくくり、7位以上とEL出場が確定。

 

 先制点の場面はチャルハノールが余裕を持ってパスを受けたのを見た時点でゴールを確信した。サッスオーロが寄せきれてないし、マルロンとミュルデュルがケシエ、イブラ、レビッチに対応しなければならなかった。

 2点目はべナセルが自陣PA付近で奪ってからチャルハノールがスペースでパスを引き出し、レビッチがダイアゴナル爆走でDFを引っ張って、チャルハノールが完璧なタイミングでラストパス。最後はイブラが簡単にコンシーリをかわして流し込む。各人が仕事をした完璧なカウンター。チャルハノールは完璧な2アシスト。

 後半は試合内容云々よりも怪我と累積警告のことしか考えてなかった。ケアーとレビッチは出場停止を免れて良かった…

 ロマニョーリの怪我は痛いが、ガッビアを使わざるを得ない状況になったのが少し嬉しい。次節は結果はどうあれ成長のきっかけに出来る試合になるはずだから。コンティは古傷が傷んだのなら怖いな…

 次節は再開後負けなし同士の頂上決戦且つ、前回の大敗の屈辱を晴らさなければならないアタランタ戦。ロマニョーリ、コンティ、テオ(前回対戦も出場停止)、べナセルと主力4人が起用できないが、ケアーとケシエは古巣相手に燃えているだろうし、前線には絶好調のチャルハノール、レビッチ、イブラがいる。再開後のセリエA最注目の試合にワクワクが止まらない。

 

 ブラビアの退場がなければ試合がどうなっていたかわからない。警告を受けている状態で行うタックルではない。試合を壊した。

 DH間にラスパドーリを置き、SH-DH間でパスを引き出すカプート。カプートはマンチェスター・シティに行ってほしい。点取りまくるよ。

 ロカテッリは今季は完全にレギュラーの座を掴み、継続性が改善され、責任感を感じさせるプレーをしている印象。良い移籍でした。

 ロマニョーリにすぐコールドスプレーを噴射した優しいメディカルスタッフありがとう。

 

  • 主審 Luca Pairetto

 VARはキッフィ。

 5分のミランがカウンターに出る場面で笛を吹くのが遅かったのはなぜ?アドバンテージを取るような場面ではないので副審か4審がファウルをとっていたのか。まさかそんなことはないと思うがVARが要件に関わらないのに介入したのか。

 ハンドはイタリアしか取らない。大半の場合取るから選手、スタッフも強くアピールする。来季は1から見直して基準を出来る限り明確に示してほしい。

 

19-20セリエA第34節 vs ボローニャ(H)

 中2日、中2日でボローニャ戦。2試合連続でホーム。シーズン終了まで残り5試合。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200719101822j:image

 ミランは引き続きサムカス、ムサッキオ、ドゥアルテが負傷欠場。前節欠場したパケタはすぐに復帰。

 ボローニャはバーニ、シャウテンが負傷欠場。サンタンデールが復帰。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Milan Bologna live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Milan 5-1 Bologna | Five Different Players Score For Milan! | Serie A TIM

 

 前節パルマ戦同様に序盤から試合を支配。9分にサレマの初ゴールで先制。23分にはラッキーな形でチャルハノールが追加点。順調に試合を進めるが、43分に冨安に素晴らしいゴールを決められ2-1で前半を折り返す。

 後半立ち上がり48分にケアーのインターセプトから最後はべナセルが初ゴールを決めて突き放す。さらに56分にレビッチが決めてボローニャに試合を諦めさせる。集中力の低下から凡ミスでピンチを迎えるが失点せずにいると、91分にカラブリアにもゴールが生まれ5-1の快勝。連勝で5位ローマにプレッシャーをかける。

 マンツーマン気味に人に強く来るボローニャの守備に対して、ミランはいつも以上にポジションチェンジと追い越しを意図的に行っていたように見えた。ケシエとべナセルも前後の動きが若干多かった気がする。

 オルソリーニを攻守で圧倒するテオ。労働者から支配者に成長したケシエ。変幻自在のチャルハノール。冨安を蹂躪するレビッチ。他を寄せ付けないイブラ。強い。強すぎる。

 2点目のケシエのスルーパスも、5点目のドンナルンマのフィードからの崩しも良かったが、4点目のレビッチの冨安のマークの外し方とパワーが特に好き。冨安を下げさせてスペースを作り、反転して左足の強いシュートでスコルプスキの肩口を射抜く。腰が強い。

 次節も中2日で再開後好調のサッスオーロとのアウェイゲーム。残り4試合、累積リーチのメンバーはなんとか踏ん張ってほしい。

 

 ミランの戦い方とメンバーとの相性がかなり悪かった。前線が電柱タイプのサンタンデールなのはケアーとロマニョーリにとって起点を潰しやすかった。

 冨安を早めに下げたり、好調のバロウ、パラシオを投入しなかったり諦めが早かった。中2日の連戦なのでそういうことも必要だわな。

 冨安のゴールは本当に素晴らしかった。レビッチとケシエの間に潜り込んでソリアーノからパスを引き出し、ロマニョーリをかわして左足ミドル。素晴らしい。

 ダニーロに替わって入ったコルボは何度か良いフィードを蹴っていた。

 

  • 主審 Davide Massa

 VARは2試合連続でナスカ。

 ファウルは流し気味だが基準がよくわからなかった。

19-20セリエA第33節 vs パルマ(H)

 中2日でサン・シーロにここ5試合勝利がない12位パルマを迎え撃つ。

 イブラはミランで通算100試合出場達成。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200716121325j:image

 ミランは前節退場のサーレマーケルスが出場停止。パケタが膝を痛めて欠場。兄ルンマはすぐに復帰。引き続きサムカス、ムサッキオ、ドゥアルテが負傷欠場。

 パルマはクツカとスコッツァレッラが欠場。最近、長期離脱していたイングレーゼが復帰。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Milan Parma live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Milan 3-1 Parma | Kessie, Romagnoli and Çalhanoğlu Score in Comeback Win! | Serie A TIM

 

 序盤から試合を支配し何度もゴールに近づくが得点できずにいると、前半の終盤にグラッシのチャンネルランを捕まえきれずクルティッチに得点を許してしまう。後半も攻勢のなか、54分にケシエがスーパーミドルをブチ込み同点。59分にはチャルハノールのFKにロマニョーリがヘディングで合わせて逆転。さらにチャルハノールがミドルシュートを突き刺しリードを広げる。クルゼフスキやイングレーゼにチャンスを与えるがドンナルンマを中心に凌ぎ勝ち点3を獲得。引き分けたナポリと勝ち点が並んだ。

 11月のナポリ戦以来の先発起用となったビリアは何度もライン間にパスを通しチャンスの起点を作っていたが、残念ながらそこから得点は生まれず。失点時は走るグラッシとバイタルエリアの管理をケシエと曖昧にしてしまったが、総じて良い出来で、トランジションが激しくない試合では起用できそう。まあサンプドリア戦くらいか。

 サムカス、サレマ、パケタが居ないため慣れないRSHでの先発になったレオンは人によって評価が分かれそう。前節のパケタのように中に入りすぎることはなかったし、入った時はボナベンが上手く調節してくれていた。守備で穴になることもなかったので個人的には悪くなかったと思う。良くはないしやりにくそうだったけど。

 ケシエが凄すぎていつ休ませれば良いのかわからない。もはや休まなくて良いのか?

 次節は中2日でボローニャ。今節はナポリ相手に終盤は完全に押し込んでいたり、少し前にはインテルに逆転勝利していたり全く侮れない。

 

 再開後1勝しかできていない絶不調ぶり。原因はファーストディフェンダーの緩さ?

 最多パス数がGKのセペとは如何にも…

 クルゼフスキの馬力が凄い。逆サイドのジェルビーニョと違って守備に戻らないといけないので走行距離もトップ。ユーベでどうなるんだろうか?同郷のスターであるイブラとユニ交換するかと思ったらガリオーロが早かった。

 

  • 主審 Massimiliano Irrati

 VARはナスカ。イラーティは今季初担当。特になし。