自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

19-20セリエA第37節 vs サンプドリア(A)

 中4日で15位サンプドリア戦。サンプドリアは3連勝で残留を決めた後、ジェノアとのダービーとユヴェントスに連敗中。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200730113020j:image

 ミランは引き続きロマニョーリ、コンティ、ムサッキオが負傷欠場。

 サンプドリアはトルスビーが出場停止。エクダル、シャボが負傷欠場。GKはアウデロではなくファルコーネがセリエAデビュー。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Sampdoria Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Sampdoria 1-4 Milan | Zlatan scores in either half as Milan see off Sampdoria | Serie A TIM

 

 3分に幸先良くイブラが先制点を奪う。その後もテオとレビッチに決定機が訪れるが決めきれない。サンプドリアに決定機を与えていないものの、クロスはあげられており、クアリアレッラにピンポイントで合わせられると怖いので追加点を奪えないのがもどかしい前半。

 そんな思いで後半に入ると51分にチャルハノール、57分にイブラが決めて0-3とする。その後はクアリアレッラに何度かチャンスを与えてしまうがドンナルンマが立ちはだかる。さらに77分にはマローニのPKをストップ。86分にアスキルセンにセリエA初ゴールとなるミドルシュートを決められてしまうが、91分に相手ゴールキックからレオンが決めて1-4で試合終了。再開後負けなしをキープするも、5位ローマがトリノに勝ったことで6位確定。ELストレートインならず。休みが減るー。

 

 サレマではなくカラブリアが幅を取る場面が多かった。CBとDHでビルドアップ、イブラとチャルハノールがスペースメイク、レビッチとサレマがダイアゴナルラン。良かった。

 ドンナルンマ神が2試合連続のPKストップ。凄い。2G1Aのイブラとともに年俸に相応しい活躍。

 後半頭のイブラのプレスバック。3点目のカウンターの起点になったガッビアのボール奪取。ナイスですねー。

 イブラが下がってレオンがトップに入ると思ったら、パケタとボナベンのゼロトップのような形になった。この試合の攻撃の狙いからすると妥当だが驚いた。

 前節出場停止だったべナセルが終盤にミス連発していたのが気になった。失点時のロストの前にも似たような形でロストしていた。走行距離は12km弱とよく走ったが、1試合休んだとは言えやはり疲れているのか。

 最終節は中2日でホームのカリアリ戦。レビッチが出場停止で一足先にシーズン終了。カラブリアの状態次第では、ジョアン・ペドロ対策でドゥアルテのRSB起用もあるか?順位確定で消化試合になったが、勝って再開後公式戦13試合無敗で来季に繋げよう。

 

 ディフェンシブサードでの守備強度が低かった。もっと寄せないと、詰めないと、と感じる場面があった。

 デパオリやアウジェッロのクロス精度次第では決定機を多く作れた。

 

  • 主審 Fabrizio Pasqua

 VARはマッサ。

 チャルハノールのゴールはVARがなければ誤審騒ぎだっただろうから助かりましたね。