自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

19-20セリエA第5節 vsトリノ(A) ~ミスの積み重ね~

 今節からフォーマットを少し変えます。交代とか打つの怠くなった。

 

先発&フォーメーション

f:id:incursore:20190927082448j:plain

 

 

スタッツ&控えメンバー↓ 

Torino Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

ハイライト

youtu.be

戦評

 前半はこれまでの試合にはなかった中盤のスペースを利用しミランが主導権を握った。特に前節に続いて先発となったレオンと初先発のテオにチャルハノールが絡む攻撃はこれまでのミランに欠けていた左からの攻撃に迫力をもたらした。

 18分には珍しくスソの外を回ったピョンテクのクロスからDFともつれたレオンがPK獲得。これをピョンテクが巧みに沈めて先制する。その後も攻撃し続けるもののレオンのヘディングシュートはシリグの好セーブに遭うなどリードを広げられない。逆に終了間際にはドンナルンマの判断ミスからベロッティに超決定機を与えてしまうが幸運に恵まれた。

 後半から強度を上げて徐々に本来の姿が戻ってきたトリノ。それでもミランはチャンスを作る。48分にスソのインターセプトからピョンテクがペナまで運んでクロスを入れるがDFに引っ掛けてしまう。52分にはべナセルがレジスタらしい展開とレオンへのスルーパス。53分にはカウンターでロマニョーリのオーバーラップからピョンテクが決定機を迎えるが冷静に枠外へ流し込む。

 潮目が変わったのは57分のリャンコからアンサルディへの交代。システムもアンサルディとヴェルディがSHの4-4-2へ変更。66分のヴェルディに代えてベレンゲルの投入もサイドから攻め込む意識を強めさせた。すると72分にリンコンのボール奪取からベロッティが強烈なシュートをぶち込み同点。76分にはアンサルディの素晴らしいサイドチェンジからアイナ、ベロッティと繋ぎザザがシュート。ドンナルンマが弾いたボールをベロッティが無人のゴールへバイシクルでぶち込み、あっと言う間に逆転。

 ミランはべナセルに代えてレビッチを投入し今季初めての4-4-2でスソの放り込みを中心に攻め込む。一方、トリノもジジを投入し守備色を強める。ATにトリノはザザ、ミランはケシエと終了間際のピョンテクが決定機を迎えるが何れも決めることができず試合終了。トリノは仕留めきれなかったがなんとか逃げ切り。ミランは何度もあったチャンスを活かせず逆転負け。

ミラン

 勝てた試合を落としてしまった。内容は前半のトリノの緩さも相まって今季では1番マシだった。ただ、この試合をスカウティングすればミランの強みも弱みもよくわかるのでここから数節も厳しい試合が待っていると思う。

 守備ではコンパクトな陣形を保ち、中盤にスペースを与えない。裏へのランニングはほとんどないのでラインは高めでもOK。攻撃はサイド起点にサイドチェンジから一気に仕留めましょう。こういうチームばっかりだろうな。

 1失点目はリンコンのファウルがなかったことに文句あるけど、カラブリアかべナセルのプレスバックがあと少し早ければ。もしくはロマニョーリがザザをテオに任せて出てくるか。まあベロッティ上手かった。

 2失点目はカラブリアの判断ミス。全体がスライドできているのならベレンゲルに近寄ってもよかったが全く間に合っていなかったので、ただただベロッティをハーフスペースに放置することになった。カラブリアがステイしてベレンゲルに出させれば失点しなかった保証はないが全体が戻る時間は作れたはず。

  テオは総じて良かったが時間が経つにつれ存在感が無くなっていた。ゲーム体力がまだ万全じゃないのか、足が痛かったのか、元々スタミナがないのか。

 べナセルはやはりあの位置で相手を剥がせるのは大きい。2枚目のイエローが少し怖かったが闘える部分も出せていた。

 ピョンテクは本当に呪われてると思われるレベルで決められんな。。最後のが決まらないとかありえん。負けたのはエースの差と言われても仕方ない。PKはめっちゃ上手かった。

 ボナベン復帰おめでとう!

トリノ

 前半は寝てましたね。

 今季はバゼッリのチームになってきた感があるけど今日はそうでもなかった。2点目の起点になったアンサルディのサイドチェンジにバゼッリが拍手していた。やっぱり狙い通りですよねー。

 マッザーリ見事な修正。

 シリグ神。

 カピターノでエースのベロッティがドッピエッタで逆転勝利は格別でしょうな。

 メイテとケシエを一緒に見てどれぐらい似ているか比べたかった。

主審Guida

 元々苦手な主審。カード出しまくって荒れる印象。主審の態度が余計に苛立たせる感じもあると思う。荒れたわけじゃないが今日も大体そんな感じ。ノーファールになってたけどレオンに対するイッツォのタックルはカード出してほしかった。こういう人に限って審判協会の評価が高いから困る。

 やっぱりベロッティの1点目に繋がったリンコンのプレーはファールに見えます。

愚痴

 インターナショナルマッチウィークまで2試合。次は中2日でホームフィオレンティーナ。キツい。次にアウェイジェノア。この2試合でまともに点を取れないと本当にジャンパオロ危ないな。

 

 

 次はマルセリーノ呼んでコレクティブなカウンターサッカーや!