自業自得記録地獄

主にACミランに関する備忘録。

19-20セリエA第31節 vs ユヴェントス(H)

 中2日、中2日、中2日で首位ユヴェントスと対戦。

 コッパ・イタリアのタイトルは逃したものの、再開後のカンピオナートでは4戦全勝、4試合連続複数得点と好調。クリスティアーノ・ロナウドとディバラは揃って4試合連続得点中。

 

  • 先発&フォーメーション

f:id:incursore:20200708105054j:image

 ミランはサムカス、ムサッキオ、ドゥアルテが負傷欠場。前節の怪我が心配されたチャルハノールはベンチ入り。

 ユヴェントスはデ・リフトと4試合連続得点絶好調のディバラが出場停止。ケディラ、デミラル、デ・シリオが負傷欠場。キエッリーニとアレックス・サンドロは復帰。

 

  • スタッツ&控えメンバー 

Juventus Milan live score, video stream and H2H results - SofaScore

  • ハイライト


Milan 4-2 Juventus | Rebic Leads Rapid Recovery To Stun Serie A Leaders | Serie A TIM

 

 前半は良くも悪くも感想がない展開だった。後半からパケタに替えてチャルハノールを投入するも立ち上がりにラビオにブチ込まれ、CBの初歩的なミスからクリスティアーノ・ロナウドに5試合連続得点を許し、「あゝ結局そうなるのね…」と落胆。しかし58分に左サイドをテオとチャルハノールのコンビで崩しVAR発動。ボヌッチのハンドでPK獲得。これをイブラがしっかり決めて1点差。さらにイブラの落としを受けたケシエが華麗にPA内でボヌッチをかわしシュート。ダニーロのブロックに当たるがネットを揺らし同点。ここでイブラは御役御免でトップ下にボナベンを投入。するとすぐにクリスティアーノ・ロナウドにボナベンとチャルハノールが寄せて奪取。チャルハノールは走り出したレビッチへパス。レビッチがルガーニに倒されるがこぼれ球をレオンが拾ったため主審はアドバンテージを取る。レオンがPA内に持ち運び放ったシュートはルガーニに当たり絶妙にシュチェスニーの逆を突きゴールに吸い込まれる。一気に3点奪い逆転。守ってはCKからルガーニに完璧なヘディングシュートを許すがドンナルンマがビッグセーブでリードを譲らない。するとアレックス・サンドロのキックミスをボナベンがPA内でインターセプト。折り返しをレビッチがきっちり仕留めて4-2。最後はコンティに替えてカラブリア、レビッチに替えてRSHにクルニッチで試合を纏めて勝利。

 平日早朝のリアタイ視聴でユヴェントス相手に逆転勝利。2位と首位に連勝。最高。レオンの逆転弾は嬉しさより驚きが大きく、レビッチのダメ押し弾でガッツポーズが出た。やはりユヴェントスに勝つのは嬉しい。ユヴェントス戦というと良い試合をしていてもディバラに個人技でやられてしまう印象が強いので、出場停止で助かった。SPAL戦であれだけシュートを撃ってもディフレクションしてゴールに吸い込まれることがなかったのに、前節のチャルハノール、この試合のケシエ、レオンとエフェクトかかってるんじゃないかと疑ってしまうし、サッスオーロカリアリに笑っちゃうような負け方しそう。

 先発メンバーを見てイブラ、レビッチ、パケタをどう並べるのか気になったが、非保持時は4-4-2で若干レビッチが下がり気味。とは言え、ピャニッチ番というほどぴったりマークしているわけではなかった。ケシエとべナセルの位置は前節同様で、前節のミリサビ対策のようにベンタンクールにケシエをぶつけた。保持時はサレマとテオが幅を取り、レビッチが最前線、イブラとパケタが2シャドウの3-4-2-1と言えなくもない立ち位置だった。

 前半も悪くはなかったがチャルハノール、レオン投入後の方が前線が活性化された感がある(そもそも点取りに行かなきゃいけない状況ではあるが)。よりアクションが多く相手を撹乱させるチャルハノールの投入は妥当。攻撃で存在感が薄かったサレマに替えて予測不能なレオンの投入も状況的に妥当ではあるが、さらなる失点のリスクを孕んだ賭けでもあったと思う。これが大成功に終わるんだから大したもんですよ(唐突に長州)。

 2失点目のCB2人のミスには絶好調だったのでビックリした。あれが決勝点で負けていたらやるせないけど勝ったから気にしない。ラビオのゴールは失い方が良くなかったのとテオが軽かったのは間違いないけど、あれだけ運んでイグアインクリロナを囮にあのシュートを決めたラビオは単純に凄い。ケアーとロマニョーリが上手くイグアインを受け渡せられたらとも思うが難しいか。4人目が早くバイタルに戻れれば良かった。

 ケシエとべナセルの運動量がヤバい。これをずっと続けてクオリティを落とさないでいるのがよりヤバい。残り7試合なんとか怪我なく乗り切って欲しい。

 イブラとレビッチは共生というのがぴったり。

 次節はガットゥーゾが規律を植え付けコッパ・イタリアのタイトルを獲得したナポリと中4日でアウェイゲーム。中2日の試合を3連続でこなしたから中4日は余裕だな。

 

 4-3-3のままプレッシングする試合もあるがこの日はいつもどおりベルナルデスキ下げの4-4-2。

 イグアインが全然絡めず。ディバラ不在の影響を強く感じざるを得なかった。

 ラツィオインテルに捲れるほどの勢いは感じないので次節アタランタに勝てばスクデットは堅そう。なので先におめでとう言うときます()

 

 VARはジャコメッリ。

 荒らしがちなグイダにしてはけっこう良かった。レオンのゴール時のアドバンテージありがとう。

 PK時の倉敷さんと羽中田さんが全然VARに関する知識が無くて引いた(そもそも2人とも苦手)。